院長先生からのお便り

地方から東京へ大切なお子様を送り出したご両親へ

2022年 11月 16日

 たくさんの夢や希望をもって上京してきたお子様たち。地元で心配したり、元気にやっているだろうか?となかなか連絡のつかない我が子にイライラ、ドキドキしてやきもきしていらっしゃるご家族も多いことと思います。
 新しい環境は、たくさんの刺激もあるけれど、だれにも相談できず我慢したり、一人悩んだり、耐えている方も多いこの大都会です。
 突然、電話やメールで連絡がきて苦しい、死にたいなどポツリと言ってくることもしばしばです。

 遠くで抱きしめに行くことができない、話を聞いてあげたいけれど十分じゃないなど心配があるときには、状態がひどくなる前にそっと、相談するところがあるよ。話聞いてくれるところがあるよ。と、お口添えください。当院で大切におはなしを聞かせていただきます。
 若い子供たちを一緒に見守らせてください。

院長

川島範子